Cassettes Won't Listen

Cassettes Won’t Listenについて

Cassettes Won’t Listenは、ニューヨーク在住のプロデューサーであり、マルチ楽器奏者兼シンガーソングライターであるジェイソン・ドレイクが手掛けた「ひとりバンド」です。

その音楽は、耳心地の良いエレクトニックサウンドですが、打ち込み音楽にありがちないわゆる「軽さ」を感じさせません。

それは素朴で温かみがありながらも、どこか哀愁をかんじるボーカルが、聞く者の心にノスタルジックな感情を揺り起こすところにあります。

現在のところ、日本で彼の音楽が出回っている場所は少ないですが、2004年に発売された「Small Time Machine」は比較的手に入りやすいです。

もしも、昔夢中になって音楽を聴いていた頃の懐かしさを求めているのならば、一度聞いてみるのも手でしょう。ピコピコ音楽に秘められた、「あの頃」を感じる決して押し付けがましくない、少年のような朴訥な歌声に何かを思い出すことができるかもしれません。

Cassettes Won't Listenの生い立ち

Cassettes Won’t Listenの生い立ち

Cassettes Won’t Listenとは、ニューヨークで活躍するマルチ音楽クリエーターである、Jason Drake(ジャイソン・ドレイク)による個人ユニットで、2006年にインディーズ・レーベルからデビューしました。
彼が、ひとりで作詞・作曲だけでなく、演奏・プロデュースをこなしており、まさに「ひとりバンド」とも言えるでしょう。

Jason Drakeが一人で全てを手がけるというだけあって、その作品たちは彼の超個性的な世界観が詰まった音楽となっています。彼の個人的スペースからインターネットにより世界に発信され、2008年に”Small-time Machine”で初のCD発売となりました。

彼の音楽は、エレクトニックサウンドですが、単調ながらもノスタルジックを感じる、どこか心地よく、切ない気持ちにさせてくれます。それは、彼の良い意味での1人で全てをこなす「手作り感」が生み出しているのかもしれません。

Cassettes Won't Listenの功績

Cassettes Won’t Listenの功績

Cassettes Won’t Listenは2006年にインディーズ・レーベルからデビューしたミュージシャンで、彼の名前はジェイソン・ドレイク。一人で全部の楽器を演奏し、作詞作曲のほかプロデュースも自分で手掛けています。音楽はエレクトロニック・ロックですが、彼のユニークなところはそれをEPやLPにして発表しているところです。そのほか、デジタル・ミュージックでも販売しています。

ファースト・アルバムのタイトルは「ザ・クワイエット・トライアル」。セカンドは「スモール・タイムマシン」です。ユニークな名前のアーティストらしい、ユニークなタイトルばかりです。

Cassettes Won’t Listenの音楽活動は多岐に及んでいます。ザ・キュアーのトリビュート・アルバム「ジャスト・ライク・ヘブン」には「レッツ・ゴー・トゥ・ベッド」という曲のカバーを提供しています。最近の活動としては2012年に「カーサ」というタイトルのEPをデジタルミュージックとともにリリースしています。

アナログ媒体の音質が見直されています。Cassettes Won’t Listenはいち早くそれに気づいた先駆者と言えるでしょう。

Cassettes Won't Listenの現在

Cassettes Won’t Listenの現在

Cassettes Won’t Listenは、アメリカ合衆国のニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリン区にて生まれる。音楽活動は2004年〜始まっており、様々な曲やアルバムがある。

例えば、2005年にはミニアルバム『Nobody’s Moving EP』が発売、2007年にはミニアルバム『One Aleternative』が発売されている。

2008年にはミニアルバム『Freeze and Explode』が発売され、同年にはアルバ厶『Small-time Machine』も発売されている。2009年にはアルバム『Into the Hillside』、2012年にはアルバム『casa』、2013年にはアルバム『CWL』が発売されている。

現在、彼はベッドルーム系のインディーアーティストに変身して、アメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルスに在住している。新曲が発売されることは、だんだん少なくなってきているが、彼の曲はとてもカジュアルスタイルなので、今でも世界中でpopularな音楽となっている。

ボーカロイド(初音ミク)

ミュージシャンの今と昔

近年、CDのアニメソング系売り場にはボーカロイド楽曲のCDが並んだり、アニメ主題歌のタイアップアーティストとして動画サイト出身のミュージシャンが起用されるなど、ネットを中心的に活動するミュージシャンが盛んに登場してきています。

かつて素人による音楽活動と言えば、路上での楽器演奏が一般的でした。今でも路上ライブを行うアマチュアミュージシャンはもちろん居ますが、PCの普及した2000年代からはPCで楽曲を制作し、ネット上で発表すると言う活動形態が登場しました。そして2000年代後半からの動画サイトの隆盛により爆発的流行を迎え、現在ではプロデビューを果たすネット発ミュージシャンも珍しくなくなりつつあります。

ネット上のミュージシャンの多くは、DTM(デスクトップミュージック)と言う、PC上で楽曲を制作するソフトウェアで音楽を作っています。PCとDTMソフト普及以前の音楽活動は、作曲から演奏に至るまで楽器の使用が不可欠でしたが、今の音楽はPCで打ち込んで作曲し、演奏の技術が無くともコンピュータがサウンドを奏で、正確にビートを刻んでくれるため、楽器は必要なものでは無くなりました。

こうしたDTM音楽はネット上で発表されましたが、2000年代前半の頃はまだ一般層への浸透には至っておらず、楽曲制作者同士のための交流サイトや、利用者の多い掲示板上などしか公開の場がありませんでした。2000年代後半から出現した動画サイトは、アマチュアミュージシャンにとって大きな発表の場を得たことになります。そして動画サイトと共に人気を博し、現在のネット発ミュージシャン流行の大きなきっかけとなったのが、ボーカロイドの登場でした。

今やもはや一大ジャンルとなったボーカロイドは、音声合成技術を取り入れたDTMソフトと言った具合のものです。これにより合成音声によるものですが、歌手がいなくても歌唱曲の制作ができる様になりました。理論的には、PC一台とDTMソフトがあれば、一人でも作詞作曲ができるどころか、ギターやベース、ドラムなど様々なパートに加えボーカルも存在する、バントやクラシックの様な楽曲の制作が可能です。
今ミュージシャンを志す場合、これまで通り楽器演奏ができる仲間を集め、人数分の楽器をそろえて作曲し練習を重ねると言う道ももちろんあります。ですが、PCに向かい一人で楽曲を自主制作し、ネット上で発表すると言う選択肢がとれるようになったため、音楽活動を行う上でのハードルは大きく下がったと言えるでしょう。

楽器を弾かない音楽家

楽器が弾けなくともプロのミュージシャンは存在する

TM NETWORK

楽器を弾けない、もしくは弾けないと疑われているというミュージシャンは存在します。最近では「TM NETWORK」の木根尚登さんが実はエアギターだったという話が話題になっています。動画等を見てみると、あたかも演奏しているかのように見えて映像だけだと気が付かなかったと思われます。しかし、本人は’ラジオなどでは公言していた’と述べています。当時はネットやSNSなどのデジタルデバイスがあまり普及していなかったので、あまりその事が広がらずに問題にならなかったのでしょう。今まで嘘をついてきた事にショックを受ける人もいるでしょう。しかし弾かないという道を選ぶにあたって本人も凄く葛藤したでしょうし、それでもエアギターということを隠して今まで続けてきた彼は、プロのミュージシャンです。

goldenbomber

他にもゴールデンボンバーがその一例に挙がります。
彼らは「笑撃のライブパフォーマンスと、奇才・鬼龍院翔の創り出すクオリティーの高い楽曲で注目の究極のエアーバンド」というキャッチコピーですが、エアバンドな分、しっかりと歌を歌ってくれたり、体を張ったパフォーマンスで私たちを笑わせてくれたり、思わずこっちまで踊りたくなるよう個性的なダンスをしてくれたり、とプロのミュージシャンと言えるでしょう。

vocaloid-sachiko

ボーカロイドの誕生から革命が音楽業界に起きています。
ボーカロイドは自分が歌わなくてもメロディーと歌詞を入力するだけで代わりにそのボーカロイドが歌ってくれるので、一般人でもパソコン一つと多少の知識でプロ並みの曲が作れるようになりました。ボーカロイドは日々進化を遂げており、最近では違和感なく音声が聞き取れるようになってきました。

また、先日小林幸子さんの声をサンプリングしたボーカロイドも発売されました。そう、普通の人達があの小林さんの素晴らしい歌唱力を手に入れる事ができるのです。ボーカロイドは歌が下手、楽器が下手、という人でも気軽に音楽を作れるという、ミュージシャンへの壁を取っ払ってくれるデバイスと言っても過言ではないでしょう。

ネットやSNSが普及している最近ではすぐに噂が広まってしまします。しかし、いいものもすぐに広がって行く、とも考えられます。

音楽の持っている力を人々に届けるのがミュージシャンの仕事なので、楽器を弾けない、もしくは弾けないと疑われていても、音楽の力を最大限に引き出せるかが一番大切なことなので、楽器を弾けなくてもプロのミュージシャンは存在する。

還暦祝いについて

還暦祝いについて

自分の両親や身内、会社の上司など還暦を迎えた方への還暦祝いは、心を込めて喜ばれるものをプレゼントしたいですよね。

昔ながらの定番の還暦祝いといえば赤いちゃんちゃんこですが、近年は還暦プレゼント専門のギフトショップなどもあり、様々な贈り物を選ぶことが出来ます。

例えば、女性の方なら誕生石のジュエリーや健康祈願として念珠などがあります。男性なら酒やグルメ商品なども種類が豊富です。

中でも還暦祝いで人気なのが、名入れしたグラスや時計、メッセージやポエムが入れられるタイプの贈り物です。メッセージを入れられる商品では、普段は照れくさくて言えない感謝の気持ちを込めてメッセージを考え、プロの職人が代筆してくれます。きっと心に残ると喜ばれる贈り物でしょう。

それぞれ贈る方の好みに合わせて、色々と選ぶのも楽しみのひとつです。もし身近に還暦を迎えられる方がいるなら、感謝の気持ちを込めて是非なにかプレゼントしてみてはどうでしょうか。